大満足の留袖が必ず見つかる、レンタルショップの賢い選び方

HOME » 留袖レンタルのための必須知識 » 黒留袖の選び方

黒留袖の選び方

ここでは、年代や立場、着ていく席によって、どんな留袖を選んだら良いかをご紹介します。

年代や立場によってふさわしいものを選んで

●兄弟姉妹、近親者の結婚
一般に、裾模様の面積が小さく、模様の位置が低いほど年配向けだと言われています。若い方は、かわいらしい色で大きめの柄を選ぶと華やかです。年配の方は、反対に、すっきりとして格調高いものを選びましょう。

●新郎新婦の母
やや落ち着いた柄の、格調の高いものが良いでしょう。鶴、亀、松竹梅、四君子、鳳凰などはおめでたく格が高いと言われています。着物に合わせて袋帯も格の高いものを選びましょう。

●仲人
年齢にふさわしい落ち着いた柄を選ぶと上品です。若い年代で仲人になった場合も、比較的地味な色柄で花嫁を引き立てるほうが魅力的です。

一口に留袖といっても、このように、年代や立場によって、ふさわしいものが変わってきます。でも良質の着物はそれなりに高価なので、何枚もそろえるのは大変ですよね。レンタルなら負担が無く、その時だけ使用する事ができます。

良質の留袖がお手頃価格でレンタルできるお店をこちらで紹介しています

留袖には格調の高い袋帯を合わせる

留袖には、金・銀・白をベースにした格調の高い袋帯を、二重太鼓に結びます。帯揚げの色は白。総絞りまたは綸子のものを使います。帯締めも白で、平打、丸組、丸ぐけにします。白地に金や銀を組み合わせたものも良いでしょう。

長襦袢も礼装用の白を使います。

色留袖の場合は場によって格を変えて

色留袖は、五つ紋、三つ紋、一つ紋とあり、紋の数が多いほど格が高くなります。

パーティーに訪問着代わりとして着るなら、三つ紋か一つ紋だと堅苦しくなり過ぎません。帯は、金や銀がほどこされた袋帯を、二重太鼓に結びます。

帯揚げや帯締めは、基本的には留袖と同じく白を選びますが、五つ紋の色留袖以外なら、淡い色を使って華やかさを表現する場合もあります。

※このサイトで紹介している情報は、2011年10月現在のデータをもとにしています。最新の店舗情報や価格などについては、各公式サイトをご覧ください。
 
ページの先頭へ