大満足の留袖が必ず見つかる、レンタルショップの賢い選び方

HOME » 留袖レンタルのための必須知識 » 留袖に必要な小物たち

留袖に必要な小物たち

ここでは、留袖を着用する時に必要な小物について説明します。

大体どんな着物でも必要になる基本の小物

●肌襦袢
着物を着る時の「下着」に当たるものです。

●裾よけ
肌襦袢と同じ、和装用の下着です。巻きスカートのように腰に巻きつけて使います。

●長襦袢
着物の下に着る、もう一つの着物のようなものです。留袖には白を合わせます。

●半衿
着物の衿元から見えます。長襦袢に縫いつけておくのが普通です。最近は色柄つきのものも豊富ですが、留袖には白を合わせます。

●衿芯
薄いプラスチックでできており、半衿の内側に入れて、衿元をピシッとさせるのに使います。

●腰紐
着物を着る時に、着崩れしないように止めておく紐です。帯を締める時にも使います。人によって違いがありますが、4~6本あれば充分です。

●伊達締め
通常は2本ほど使います。腰紐よりも太く、帯よりも細いベルトのような巻き物です。

●枕
帯の中に入れて、お太鼓の形を整えるのに使います。

●前板
帯の中に入れて、帯をピシッとさせるのに使います。

●タオル
着物を着た時に綺麗なシルエットになるように、タオルを使って補正をします。通常、レンタルセットの中には入っていない事が多いので、自分で何枚か用意をします。

シーンに合わせてふさわしいものを選びたい小物

●足袋
着物用の靴下です。最近はカラフルなものもありますが、あらたまった席には必ず白を合わせます。

●帯締め・帯揚げ
帯締めは帯の一番上にしっかりと巻く紐。帯揚げは、帯の上部に見える布です。留袖に合わせる場合は、どちらも地色は白を使います。帯揚げは綸子や総絞り、帯締めは平打、丸組、丸ぐけを使うと良いでしょう。帯締めには金や銀の色が入っていてもかまいません。

●祝儀扇
地紙は金銀、骨は黒塗りのものを合わせます。帯の左側にさしておきます。

●草履
留袖には、かかとが高く、台と鼻緒が同じ色のものを選びます。佐賀錦、金銀つづれ織り、エナメル製などが一般的です。

●バッグ
草履とお揃いのものを使います。金や銀の錦織を貼ったもの、佐賀錦、つづれ織りなどが人気があります。

●かんざし
絶対に必要というわけではありませんが、まとめ髪にかんざしがあると華やかで魅力的です。とはいえやはり留袖には、上品なものを選ぶと良いでしょう。真珠、蒔絵、金銀などがおすすめです。

一口にレンタルセットと言っても、実際に何が入っているかは、お店によって違いがあります。後で余計な出費がかかって不快な思いをしないためにも、申込の前に、よく確認しておきましょう。

※このサイトで紹介している情報は、2011年10月現在のデータをもとにしています。最新の店舗情報や価格などについては、各公式サイトをご覧ください。
 
ページの先頭へ