大満足の留袖が必ず見つかる、レンタルショップの賢い選び方

HOME » 留袖レンタルのための必須知識 » 留袖と色留袖の使い分け

留袖と色留袖の使い分け

ここでは、留袖と色留袖、それぞれどんなシーンで着るのが良いかをご紹介していきます。

新郎新婦のお母様なら留袖(黒留袖)を

黒留袖

留袖は、既婚女性の第一礼装(最も格の高い礼装)です。結婚式に親族や仲人として参列する時は、これを着るのが普通です。

留袖は黒留袖とも言われ、地の色は黒です。裾には絵羽柄(着物全体に絵画的にほどこされた模様)の裾模様が描かれています。この絵羽柄で格調、品位、豪華絢爛さを表現しています。

留袖よりも利用範囲が広く未婚でも着られる色留袖

留袖(黒留袖)はミセスだけが着ますが、色留袖は、未婚、既婚問わず着る事ができます。着られるシーンも幅広く、結婚式・披露宴に友人として招かれた時、遠縁の親戚や上司の妻として参列する時も色留袖が活躍します。

また、宮中での正式礼装でもあり、褒章、叙勲の伝達式に臨む奥様の正装としても最適です。そのほか格式のある場、パーティー、結納でも着られます。

地色は黒以外で、さまざまな色の色留袖があります。五つ紋付、三つ紋付、一つ紋付などがあり、紋の数が多いほうが格が高くなります。長襦袢は、五つ紋の色留袖には白を合わせます。それ以外なら淡い色がついていてもかまいません。

レンタルならいつでも状態の良い着物が着られる

留袖、色留袖とも、1年に何回も着るというものではありません。また、出席する場、立場、年齢によっても着るべきものは違ってきます。さらに、良質の着物というのは、手入れや保管も大変です。

その点、レンタルなら、良質の着物をいつでもお手頃価格で借りられ、面倒な手入れも不要です。

※結婚式、褒章・叙勲の伝達式など格式高い場に通用する良質の着物をレンタルできるお店はこちらです

※このサイトで紹介している情報は、2011年10月現在のデータをもとにしています。最新の店舗情報や価格などについては、各公式サイトをご覧ください。
 
ページの先頭へ