大満足の留袖が必ず見つかる、レンタルショップの賢い選び方

HOME » 留袖を美しく着るための心得集 » マナーと立居振舞い

マナーと立居振舞い

せっかく美しい着物を着ても、所作が美しくないと素敵に見えません。 ここでは、着物を着た時に美しく見えるマナーと立居振舞いについてご紹介します。

着物を着た時に素敵に見える立居振舞いとは

<歩き方>
洋服の時よりも小さい歩幅で、内股に歩くのが基本です。
着付けの後にあらかじめ裾割(足を肩幅に開き、スクワットをするような感じで膝を2、3回外側に曲げる)をしておくと、動きやすく着崩れもしにくくなります。裾割をした後はきちんと上前と下前を揃えておきましょう。

<座り方>
最近の結婚式では椅子に座るケースがほとんどです。ふだんより浅く腰かけ、背もたれには寄り掛からないようにします。きちんと足を閉じて両手は膝の上に置きましょう。足を前方に投げ出したり、股を開くとだらしない印象になるので、気をつけましょう。

<車の乗り降り>
車に乗る時は、体が先で、足が後です。手荷物は先に車に入れておきます。たもとは前にそろえ、着物がはだけないように注意しながら、シートに浅く腰かけるようにします。髪型がくずれないように注意しながら上半身を入れ、足を入れて、正面を向きます。

降りる時は、乗る時と反対に、足が先で、体が後です。両足をそろえて地面に着地させ、髪がくずれないようにかがみながら体を回転させて外に出ます。外に出たら、着崩れが無いか、軽く確認すると良いでしょう。

着物で結婚式に参列する時の食事のマナー

ふだん着物をあまり着ない人は、特に、たもとに注意しましょう。遠くの物を取る時はたもとを押さえたり、人に頼むようにすると、たもとで物を倒す等のトラブルを防ぐ事ができます。

<ナプキンの使い方>
大事な着物を汚さないよう、ナプキンは重要です。正絹の着物は滑りやすいので、端を帯締めにはさんでおくと良いでしょう。和食の場合などでナプキンが無い場合は、大判のハンカチなどを膝に敷いて、汚れから着物を守りましょう。

<懐紙の使い方>
和食の時など懐紙が用意されている時は、上手に使うと素敵ですね。料理を口で運ぶ時に、汁がたれないように手を添えるのはあまりお行儀が良くないとされています。こんな時は受け皿代わりに懐紙を使います。
また、おしぼりは基本的に手を拭くものなので、その他のもの、箸先や器を拭く時には懐紙を利用すると良いでしょう。その他、魚の骨を取る時に懐紙で押さえたり、お菓子の受け皿代わりに使います。

<箸の使い方>
箸を置く時は、皿ではなく箸置きの上に置きましょう。箸置きが無い時は箸袋を追って箸置き代わりに使うとスマートです。食べ終わった後は箸袋に戻して端を少し折るか(こうすると使用済みの箸だとわかりやすいため)、箸置きとして使った場合は箸先を少し入れておきます。
何を取ろうか迷う「迷い箸」、食べ物を突き刺す「突き刺し箸」、箸についたものをなめて取る「なめ箸」などはタブーとされているので気をつけましょう。

※このサイトで紹介している情報は、2011年10月現在のデータをもとにしています。最新の店舗情報や価格などについては、各公式サイトをご覧ください。
 
ページの先頭へ